一目均衡表の基準線と雲を使った押し目買い手法

一目均衡表を使ったトレード手法

一目均衡表の基準線と雲を使った押し目買い手法をご紹介します。

押し目買いを成功させるには、トレンドが発生していて、継続することが前提となります。

簡単にトレンドを見極める方法はないのかのぉ?

一目マフィア
一目マフィア

基準線と雲を組み合わせるとトレンドが一目瞭然なんですよ。

トレンドを読むのに最適なのが、基準線と雲の組み合わせです。

これで一発でトレンドがわかります。

まずは、トレンドの見極め方からみていきましょう。

トレンドを見極める方法

トレンドを見決める方法は超簡単です。

 

ローソク足が基準線と雲より上にあり、基準線が上向きなら上昇トレンド

 

ローソク足が基準線と雲より下にあり、基準線が下向きなら下降トレンド

 

たったこれだけで『トレンド』がわかります。

一目マフィア
一目マフィア

なぜなら、一目均衡表の基準線は【(当日を含む過去26日間の高値+安値)÷2】という要素で出来ているので、基準線が上向きということは、過去26日間の高値を超えたことになるからです。

また、トレンドが発生している時には、抵抗線や支持線としての役割も果たします。

 

一目均衡表でいうと、遅行線は使いこなすのが難しいですが、基準線と雲はパッと見てトレンドの状態がわかるのがいいですね。

 

一目マフィア
一目マフィア

基準線は転換線のように、超短期で動くトレンドではないので信用性もあります。

基準線と雲は明らかにトレンドが出ている状況では極めて有効に働くのです。

 

ということで、基準線と雲を使った押し目買いのポイントをみていきましょう。

基準線と雲を使ったエントリーと決済方法

まず、前述したようにトレンドの方向をみます。

そして、反対方向に下落して値が押したらトレンドの方向へ買いエントリーします。

具体的には以下。

【時間足】

・基本的に自由

(長期足の方が精度は高い)

 

【トレード条件】

・ローソク足が基準線と雲より上で推移していること

・基準線が上向きであること

・雲が上向きであること

・トレンドが発生して第1波目であること

 

上記を満たした場合のみ、エントリーを待ちます。

 

【エントリーポイント】

・ローソク足が基準線にタッチしたら買い

・ローソク足が雲の上限にタッチしたら買い増し

・ローソク足が雲の下限にタッチしたら買い増し

 

【決済方法】

・上手くトレンド方向へ上昇した場合は反落して転換線を割ったら利食い

・エントリー後に反落して終値で雲を下抜けたら損切り

以上。

 

基準線と雲でトレンドを計り、基準線タッチで買って、その後さらに下落したら雲上限タッチで買い、更に下落したら雲下限タッチで買いエントリーします。

 

ナンピンについては経験による判断が必要ですが、上昇トレンドが発生してから、第1波目の押しでは、基準線タッチで反発することが多いです。第2波目の押しでは基準線を一旦下抜けて雲まで落ちることもありますし、そのまま雲を下抜けてしまうこともあります。

 

一目マフィア
一目マフィア

なので、トレンドが発生してから第1波動の押し目を狙うことが重要です。

第1波動の押し目に限って、基準線で買ってその後下落した場合は、トレンドの勢いによりますが、場合によっては3回に分割して買ってもよいでしょう。

 

なお、資金に余裕がない場合は無理にナンピンしなくてもよいです。

 

特に日足レベルでトレンドが発生した場合、勝率は高くなるのでガシガシ買っていきたいところです。

 

では、レッツ!トレード!

幸運を祈る。

コメント