一目均衡表を用いたポンド円の予想!2020年8月3日~8月7日

ポンド円予想
一目マフィア
一目マフィア

どーも、一目マフィアです。

この動画では、一目均衡表を用いたポンド円の来週の値動き(2020年8月3日~7日)予想をお届けします。

一目均衡表に興味があるけど使い方がよくわからない方や、今後ポンド円がどういう値動きをするのか知りたい方は、ぜひ最後までご覧くださいませ。

では、さっそくみていきましょう。


先週のポンド円は、予想通り上昇しましたね。

日足の200日移動平均線を超えていき、更に三角持ち合いの上値抵抗線を上抜けていきました。

上目線でしたが、ここまで上昇するとは思ってなかったので、上値抵抗線で利食いしちゃいました。

少し勿体なかったですね。。。

さて、来週はどうのように動いていくのでしょうか。

まずは、週足チャートからみていきましょう。


週足のローソク足を見ると、ローソク足は雲の中に入り、遅行線もローソク足より下にあるものの、雲の中に入ってきました。

これまで一目均衡表敵に週足レベルでは下目線でしたが、トレンドが転換する可能性も出てきました。

ただ、まだ週足直近高値と200日移動平均線が控えているので、完全に転換するにはそれらを超えていく必要があるでしょう。

一旦はその抵抗まで上がるとみています。

では、次に日足を見てみます。


日足でのローソク足は雲の上にあり、遅行線もローソク足と雲より上で推移しています。

スーパー三役好転が継続中ですね。

先週は抵抗帯を一気に抜けて上昇しましたが、残るは遅行線の上値抵抗線を超えだけです。

そこを抜ければ直近高値まで上昇するか、あるいは直近高値も一気に超えてくる可能性もあるでしょう。

遅行線とローソク足や雲との距離感をみると、少しもみ合う展開も考えられますが、イチモク的には上目線となります。

もう少し細かい部分は4時間足でみていきます。


4時間足でのローソク足は雲の上にあり、遅行線も雲ローソク足より上に来ています。

スーパー三役好転の継続中ですね。

4時間足では上への抵抗がなくなった状態なので、上昇しやすいといえます。

ただ、遅行線がローソク足と離れ過ぎてるので、一旦はそのスペースを埋めに来るとみています。

一目均衡表的には、もみ合い後に上昇という展開になる可能性が高いでしょう。

では、ここまでを踏まえて、今週のポンド円の値幅を予想してみます。

上昇した場合の高値の目安は、直近高値の139.800円あたり。
仮にそのレンジを上抜けてきた場合、週足の200日移動平均線にあたる142.100円まで上昇する可能性もあります。

反対に一旦直近高値で反落して下落した場合は、日足直近安値の集まる136.600円あたり。
そこを下抜けた場合は、前回安値の134円あたりを目指す形になります。

いよいよ、上方向にトレンドが転換する可能性が出てきました。

ということで、一目均衡表を使ったポンド円の予想は以上です。

PS.

なお、金融経済の状況により予想の風向きが変わる可能性があります。

なので、常にニュースや相場を監視しておくことが重要となります。

また、この動画は、あくまでも一目均衡表から推測できる個人の予想であり、投資を助言するものではありません。

動画の解説によって損失が出た場合は責任を負えませんので、ご了承くださいませ。

では、レッツ!トレード!

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント