一目均衡表を用いたポンド円の予想!2020年8月10日~8月14日

ポンド円予想
一目マフィア
一目マフィア

どーも、一目マフィアです。

この動画では、一目均衡表を用いたポンド円の来週の値動き(2020年8月10日~14日)予想をお届けします。

一目均衡表に興味があるけど使い方がよくわからない方や、今後ポンド円がどういう値動きをするのか知りたい方は、ぜひ最後までご覧くださいませ。

では、さっそくみていきましょう。


今週のポンド円は、予想通りレンジでもみ合いました。

ポンド円にしてはかなり値幅が小さかったですね。

さて、来週はどうのように動いていくのでしょうか。

まずは、週足チャートからみていきましょう。


週足のローソク足を見ると、ローソク足は雲の中で、遅行線も雲の中にあります。

先週は三角持ち合いを上に抜けてきましたが、今度は直近高値を抜けるかどうかがカギになります。

上昇型のトライアングルは上に抜けやすく、3、4週間後にはローソク足が雲を抜けてくるので、目線は上だとみています。

上に行けば、次の抵抗帯は200日移動平均線ですね。

では、次に日足を見てみます。


日足でのローソク足は雲の上にあり、遅行線もローソク足と雲より上で推移しています。

スーパー三役好転が継続しています。

イケイケの上昇トレンド!といきたい所ですが、遅行線とローソク足の距離が離れているので、その空間を埋めるためにもう少しレンジが続くとみてます。

安値を切り上げてきてるので、目線は上方向ですね。

もう少し細かい部分は4時間足でみていきます。


4時間足でのローソク足は雲の上にあり、遅行線は雲より上、ローソク足より下で絡み合うように推移しています。

先週予想した通り、遅行線とローソク足の距離を埋めるために、もみ合いが続き空間を埋めてきました。

再度動き出す条件が整いつつありますね。

一旦下値を試しにきそうな気がするものの、200日移動平均線などのサポートもあるので、上方向に動く可能性が高いでしょう。

では、ここまでを踏まえて、来週のポンド円の値幅を予想してみます。

上昇した場合の高値の目安は、直近高値の139.700円あたり。
仮にそのレンジを上抜けてきた場合、週足の200日移動平均線にあたる142.000円まで上昇する可能性もあります。

反対に一旦下値を試しにきた場合は、日足の200日移動平均線などが集まる136.600円あたり。
仮にそこを下抜けた場合は、前回安値の134円あたりを目指す形になります。

来週の後半あたりからは、大きく動いてくる可能性もあります。

気合を入れて監視しておきましょう。

ということで、一目均衡表を使ったポンド円の予想は以上です。

 

↓動画バージョンはこちら↓

PS.

なお、金融経済の状況により予想の風向きが変わる可能性があります。

なので、常にニュースや相場を監視しておくことが重要となります。

また、この記事は、あくまでも一目均衡表から推測できる個人の予想であり、投資を助言するものではありません。

この解説によって損失が出た場合は責任を負えませんので、ご了承くださいませ。

では、レッツ!トレード!

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント