【ポンド円】一目均衡表を用いて来週の予想!2020年7月6~7月10日

ポンド円予想

一目マフィア
一目マフィア

どーも、一目マフィアです。

一目均衡表を用いたポンド円の来週の値動き予想をお届けします。

一目均衡表に興味があるけど使い方がよくわからない方や、今後ポンド円がどういう値動きをするのか知りたい方は、ぜひ最後までご覧くださいませ。

では、さっそくみていきましょう。

今日の日付は2020年の7月5日月曜日。

ポンド円の現在の状況と今後の値動きについて解説していきます。

まずは、週足チャートからみていきましょう。

 


週足のローソク足では、ローソク足は雲より下、遅行線もローソク足と雲より下で推移しています。

チャートを見た感じ、大きなレンジ相場で、現在は三角持ち合いの形になっており、その下限から反発している状況です。

このまま行けば下降トレンドラインまで上昇しそうですが、遅行線がローソク足と雲を抜けるには少し離れているので、
一気に上抜けてくる可能性は低いかと思います。

では、次に日足を見てみます。

 

日足でのローソク足は雲より上にあり、遅行線はローソク足より上にあるものの雲の中で推移しています。

レートは反発しているので、遅行線が雲を上抜ければ上に伸びそうな場面ですが、中途半端な上げだと再度ローソク足の下に入ってしまいます。

ただ、ローソク足の上には抵抗として、200日移動平均線と基準線が待ち構えているので、一気に抜ける可能性は低いとみています。

もう少し細かい部分は4時間足でみていきます。

 


4時間足でのローソク足は雲よりも上にあり、遅行線もローソク足より上で、あと少しで雲を上抜けそうな位置で推移しています。

このまま遅行線が雲を上抜ければスーパー三役好転が完成するので、上昇する可能性が高くなります。

ただし、日足での抵抗が強そうなので、再度雲の中に入ってしまうことも考えられ、判断が難しいところです。

ここまでを踏まえて、今週のポンド円の値幅を予想してみます。

 

下落した場合の安値の目安は、日足直近安値の131.700円あたり。
そこを下抜けた場合、129.300円あたりまで下げる可能性もあります。

上昇した場合の高値の目安は、日足高値と200日移動平均線、基準線などが重なる136.100円あたりだと予想します。

ということで、一目均衡表を使ったポンド円の予想は以上です。

なお、相場は生モノなので、金融経済の状況により予想の風向きが変わる可能性があります。

なので、常に相場を監視しておくことが大事ですね。

一度立てたシナリオも、再度予想し直せる柔軟な対応を私は心がけていますし、その時は再構築したシナリオをアップしていきます。

この記事での予想は、あくまでも一目均衡表から推測できるものなので、解説によって損失が出た場合は責任を負えませんので、ご了承くださいませ。

では、レッツ!トレード!

一目マフィア
一目マフィア

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント