一目均衡表を用いたポンド円の予想!2020年7月13日~17日

ポンド円予想

一目マフィア
一目マフィア

どーも、一目マフィアです。

この動画では、一目均衡表を用いたポンド円の来週の値動き予想をお届けします。

一目均衡表に興味があるけど使い方がよくわからない方や、今後ポンド円がどういう値動きをするのか知りたい方は、ぜひ最後までご覧くださいませ。

では、さっそくみていきましょう。

先週のポンド円は予想通りレンジ内で推移しました。

今週はどうのように動いていくのでしょうか?

まずは、週足チャートからみていきましょう。


週足のローソク足を見ると、ローソク足は雲より下にあり、遅行線もローソク足と雲より下で推移しています。

ローソク足は陽線で終わってますが、少し上ヒゲがついています。

依然、下方向の目線ですが、戻りの上昇している状態で、雲の下限あたりまで戻してくる可能性もあります。

ただ、上に行くには雲とローソク足を上抜けていかなければなりませんが、少し距離があるので抵抗が強そうに見えます。

週足では上にも下にも行きにくい状況となっています。

では、次に日足を見てみます。

日足でのローソク足は雲より上にあり、遅行線は雲より上にあるもののローソク足より下で推移しています。

先週のローソク足は上昇したところを200日移動平均線に抑えられて反落しています。

雲の薄さや直近の値動きから、下に動く可能性が高そうですが、200日移動平均線を終値で上抜けたら一気に上に伸びることも考えられます。

もう少し細かい部分は4時間足でみていきます。


4時間足でのローソク足は雲よりも上にあり、遅行線もローソク足と雲より上で推移しています。

4時間足では、下に行くよりも上に行く方が抵抗が少ない状態です。

ただ、136円あたりにある日足の200日移動平均線が抵抗になるので、上昇しても上値は重いでしょう。

逆にここから下に動いても、ローソク足や雲、200日移動平均線などの支持帯が多く、距離も遠いので一気に下落するということも考えにくいです。

なので、行ったり来たりを繰り返す可能性が高いと思われます。

ここまでを踏まえて、今週のポンド円の値幅を予想してみます。

下落した場合の安値の目安は、日足直近安値の131.770円あたり。
そこを下抜けた場合は、129.340円あたりまで下げる可能性もあります。

上昇した場合の高値の目安は、日足高値と200日移動平均線、基準線などが重なる136.110円あたり。
仮に200日移動平均線を上抜けてきた場合、139.700円を目指す形になります。

ということで、一目均衡表を使ったポンド円の予想は以上です。

 

PS.

なお、金融経済の状況により予想の風向きが変わる可能性があります。

なので、常にニュースや相場を監視しておくことが重要となります。

また、この動画は、あくまでも一目均衡表から推測できる個人の予想であり、投資を助言するものではありません。

動画の解説によって損失が出た場合は責任を負えませんので、ご了承くださいませ。

では、レッツ!トレード!

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント