一目均衡表を用いたポンド円の来週の見通し!2020年6月29~7月3日

ポンド円予想

一目マフィア
一目マフィア

どーも、一目マフィアです。

この記事では、一目均衡表を用いたポンド円の来週(2020年6月29~7月3日)の見通しをご紹介します。

一目均衡表に興味があるけど使い方がよくわからない方や、今後ポンド円がどういう値動きをするのか知りたい方は、ぜひ最後までご覧くださいませ。

では、さっそくみていきましょう。

今日の日付は2020年の6月28日日曜日。

ポンド円の現在の状況と今後の値動きについて解説していきます。

まずは、週足チャートからみていきましょう。


週足のローソク足は、雲の上限で頭を抑えられて下落し、現在は雲より下で推移しています。

過去には200日移動平均線でも頭を抑えられていますし、遅行線も雲より下にあるので、下降トレンドの状態ですね。

雲の先端は陰転したままで反転の兆候はありません。

このまま遅行線がローソク足と雲を上抜けるまでに相当のパワーが必要なので、下降トレンドは継続するのではないかと思われます。

では、次に日足を見てみます。

 


日足のローソク足は雲より上にあるものの、200日移動平均線のブレイクがダマシに終わった後は、下落しています。

ローソク足付近の雲は薄く、下に抜けやすい状態ですね。

遅行線は、雲の下限にあり、もうすぐ下に抜けそうな状況で、ローソク足も近くにあるので、日足ではどちらかに大きく動くチャートポイントであることは確かです。

このまま下降トレンドへと入っていくのかどうかは、4時間足で探ってみましょう。

 


4時間足でのローソク足は雲よりも下にあり、直近では200日移動平均線に頭を抑えられて下落しています。

遅行線はローソク足を下抜けてきました。

このように4時間足では、スーパー三役逆転が発生しており、一目均衡表的には下に動く可能性が高いと示唆しています。

なので来週の見通しとしては、下方向の目線で考えています。

ここまでを踏まえてレンジの値幅を予想してみます。

下落した場合の安値の目安は、日足直近安値の129円あたり。

仮に上昇した場合の高値の目安は、4時間足直近高値と日足200日移動平均線の重なる136円あたり。

このように私は予想します。

ということで、一目均衡表を使ったポンド円の予想は以上です。

この予想は、あくまでも一目均衡表から推測できる予想なので、この動画の解説によって損失が出た場合は責任を負えませんのでごご了承くださいませ。

では、レッツ!トレード!

ちゃんねる登録よろしくお願いします。

コメント