一目均衡表を用いた日経平均株価の予想!2020年8月3日~8月7日

日経平均予想
一目マフィア
一目マフィア

どーも、一目マフィアです。

この動画では、一目均衡表を用いた日経平均の値動き(2020年8月3日~8月7日)予想をお届けします。

一目均衡表に興味があるけどい方がよくわからない使い方や、来週の日経平均がどういう値動きをするのか知りたい方は、ぜひ最後までご覧くださいませ。

ではさっそくみていきましょう。

先週は予想どおり、一旦調整が入ってから下落していきましたね。

みなさんこの下落はがっつり獲れたのではないでしょうか?

レートは日足の直近レンジが集まった安値ポイントと、一目均衡表の雲上限と、200日移動平均線が重なるポイントで下げ止まっています。

さて来週はどういう値動きをするのでしょうか?

まずは、週足チャートからみていきましょう。

先週と引き続き、ローソク足は雲を少しだけ下抜けて、遅行線は雲より少しだけ上にあり、ローソク足よりも下で推移しています。

週足ではまだ状況はそれほど変わっていませんね。

ローソク足が雲を抜けるまでは、もう少しもみ合いが続くのではないでしょうか。

下に行きそうにも見えますが、直近安値のサポートと200日移動平均線があるので、それ以上は下に行きにくい状況ですし、そのサポートを一気に大きく下抜けるほど下げないと、ローソク足が雲を上抜けてきます。

ただ、レートが下げると遅行線が上に行きにくくなってくるので、そうなるとまた読みが難しくなりますね。

そういった意味ではレンジが続きそうな感じです。

では、次に日足を見てみます。


日足でのローソク足は雲の上限にタッチした状態で、遅行線も雲より上にあるもののローソク足を少し下抜けてきたところです。

下には直近安値サポートと200日移動平均線や雲があるので、ここからは下げにくい状況で、しばらくもみ合いが続くとみています。

ただ、かなりもみ合いのエネルギーも溜まってきているので、どちらか一方に大きく動いてくる可能性もあるでしょう。

では、4時間足でもう少し細かくみていきます。


4時間足でのローソク足は雲を下に抜けており、遅行線もローソク足と雲を下抜け推移しています。

スーパー三役逆転が継続中ですね。

一目均衡表的には下目線ですが、日足直近のサポートと雲の重なるあたりまで下げているので一旦は反発するとみています。

遅行線とローソク足の距離、ローソク足と雲までの距離が離れ過ぎてるので、一旦もみ合いか反発の動きをみせるでしょう。

では、ここまでを踏まえて、来週の日経平均のレンジの値幅を予想してみます。

上昇した場合の高値の目安は、日足直近高値の23000円まで。

下落した場合は、日足レンジで下髭が出た21350円あたり。
仮にそこを下抜けたら、週足の200日移動平均線の21180円あたりまで下がるとみています。

もみ合い予想ですが、短期的に一気に下落する可能性もなくはないでしょうか。

ということで、一目均衡表を使った来週の日経平均予想は以上となります。

PS.

なお、金融経済の状況により予想の風向きが変わる可能性があります。

なので、常にニュースや相場を監視しておくことが重要となります。

また、この動画は、あくまでも一目均衡表から推測できる個人の予想であり、投資を助言するものではありません。

動画の解説によって損失が出た場合は責任を負えませんので、ご了承くださいませ。

では、レッツ!トレード!

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント