一目均衡表を用いた日経平均株価の予想!2020年7月27日~7月31日

日経平均予想

一目マフィア
一目マフィア

どーも、一目マフィアです。

この動画では、一目均衡表を用いた日経平均の値動き(2020年7月27日~7月31日)予想をお届けします。

一目均衡表に興味があるけど使い方がよくわからない方や、来週の日経平均がどういう値動きをするのか知りたい方は、ぜひ最後までご覧くださいませ。

ではさっそくみていきましょう。

先週はレンジ上限まで上昇しましたが、今週はレンジ上限で反落しました。

まだ少しもみ合いが続くと予想した通り、レンジ内で推移していますね。

さて来週はどういう値動きをするのでしょうか?

まずは、週足チャートからみていきましょう。

先週と引き続き、ローソク足は雲の中で推移しており、遅行線は雲より上にあり、ローソク足よりも下で推移しています。

週足はずっと変わり映えしない状態が続いていますね。

一目均衡表的には、もう少しもみ合いが続くのではないでしょうか。

下に行くには抵抗が強いし、仮にレートが横ばいに進むだけで雲を上抜けてくることから、長期の予測としては上目線でみています。

このあたりは、コロナによる業績悪化がまだ織り込まれていないので、ファンダメンタルによって狂ってくることもありますが。。。

では、次に日足を見てみます。


日足でのローソク足は雲より上で推移しており、遅行線も雲より上にあるもののローソク足と絡み合ってる状態です。

依然として上にも下にも行きにくい状況ですが、一目均衡表的には下への抵抗が強いので、現段階ではやっぱり上目線ですね。

とはいえ、しばらくもみ合いが続くとみています。

では、4時間足でもう少し細かくみていきます。


4時間足でのローソク足は雲を下に抜けてきて、遅行線もローソク足と雲を下抜けてきました。

スーパー三役好転の発生です。

一目均衡表的には下目線なので、直近のレンジ下限までは下げる可能性が高まっています。

ただ、遅行線とローソク足の距離が離れ過ぎてるので、一旦モミモミしてから下がるかなとみています。

では、ここまでを踏まえて、来週の日経平均のレンジの値幅を予想してみます。

上昇した場合の高値の目安は、4時間足直近高値の23030円あたり。
仮にそこを上抜けて場合は、日足高値の23310円まで上がる可能性もあります。

下落した場合は、日足の200移動平均線と雲が重なる21970円あたり。
仮にそこを下抜けたら、週足の200日移動平均線あたりの21350円あたりまで下がるとみてます。

短期的には一気に下落する可能性があるものの、まだもう少しもみ合いが続くのではないかとみています。

ということで、一目均衡表を使った来週の日経平均予想は以上となります。

PS.

なお、金融経済の状況により予想の風向きが変わる可能性があります。

なので、常にニュースや相場を監視しておくことが重要となります。

また、この動画は、あくまでも一目均衡表から推測できる個人の予想であり、投資を助言するものではありません。

動画の解説によって損失が出た場合は責任を負えませんので、ご了承くださいませ。

では、レッツ!トレード!

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント