一目均衡表を用いたドル円予想!2020年7月27日~7月31日

ドル円予想

一目マフィア
一目マフィア

どーも、一目マフィアです。

この動画では、一目均衡表を用いてドル円の値動き(2020年7月27日~7月31日)を予想していきます。

一目均衡表に興味があるけど使い方がよくわからない方や、来週のドル円がどういう値動きをするのか知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

では、さっそく見ていきましょう。

先週のドル円の値動きは、予想通り下に向かいました。

スーパー三役好転が発生してたので、一気に下がる可能性があるといいましたが、その通りになりました。

終値では、日足安値のレンジで下げ止まりましたが、来週はどのように動くのでしょうか?

まずは、週足チャートからみていきましょう。


ドル円の週足チャートを見ると、ローソク足は雲の下、遅行線もローソク足と雲の下で推移しています。

遅行線が上にいくには、雲とローソク足と200日移動平均線などの抵抗が強く、一目均衡表的には下に向かう可能性が高いと示唆しています。

ただし、大きく下げていくには、週足レベルの安値を下抜けていかなければならず、下げたとしても105円~104円あたりまでかと予測してます。

では次に日足を見てみます。


日足では、ローソク足は雲の下で推移しており、遅行線も雲とローソク足を下抜けてきました。

スーパー三役好転の発生です。

先週予想した通りレンジ下限まで下がりました。

レンジの下限までいったので、一旦は反発する可能性が高いものの、日足安値3回目のボトムということで、下抜けることもあるのではないかとみています。

もちろんトリプルボトムの可能性もあるので、しっかり見極めてからエントリーするのがベターです。

では、もう少し細かい部分を4時間足で探ってみましょう。

4時間足でのローソク足は雲より下で、遅行線も雲とローソク足より下で推移しています。

スーパー三役好転が続いている状況ですね。

依然上への抵抗は強いので、下目線ですが少し遅行線とローソク足が離れ過ぎてるので、距離を埋めるために一旦はモミモミする可能性が高いとみています。

その後の目線は下です。

では、ここまでを踏まえて、来週のドル円のレンジ値幅を予想してみます。

上昇した場合の高値の目安は、4時間足直近高値の107.400円あたり。

仮にそこを上抜けた場合は、日足の200日移動平均線と雲の上限が重なる108.160あたりとなります。

下落した場合の安値の目安は、日足直近安値の105.170円あたりまで下がるかと予想します。

来週後半には動いてくることが予測されるので、しっかりスタンバイしておきましょう。

ということで、一目均衡表を使った今週のドル円予想は以上となります。

なお、金融経済の状況により予想の風向きが変わる可能性があります。

なので、常にニュースや相場を監視しておくことが重要となります。

また、この動画は、あくまでも一目均衡表から推測できる個人の予想であり、投資を助言するものではありません。

動画の解説によって損失が出た場合は責任を負えませんので、ご了承くださいませ。

では、レッツ!トレード!

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント