一目均衡表を用いたドル円予想!2020年7月20日~7月24日

ドル円予想

一目マフィア
一目マフィア

どーも、一目マフィアです。

一目均衡表を用いて来週の(2020年7月20日~7月24日)ドル円の値動きを予想していきます。

一目均衡表に興味があるけど使い方がよくわからない方や、来週のドル円がどういう値動きをするのか知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

では、さっそく見ていきましょう。

先週のドル円の値動きは、予想通り小さいもみ合いで推移しました。ボラティリティが1円にも満たない非常に小さな値動きでしたね。

さて今週はどのように動くのでしょうか?

まずは、週足チャートからみていきましょう。

ドル円の週足チャートを見ると、ローソク足は雲の下、遅行線もローソク足と雲の下で推移しています。

今週のローソク足は陰線で終えています。

週足をみても先週との変化がほぼなくて、特に代わり映えしません。

先週の予想と同じで、遅行線が上に行くには、雲とローソク足と200日移動平均線を超えていかなければならず、抵抗は強いです。

一目均衡表的には、まだレンジ内で動きそうですが、先端の雲が薄くなっていおり、再来週あたりにはローソク足が雲をどちらかに抜けてくるでしょう。

そのあたりで大きく動く可能性があると見ています。

では次に日足を見てみます。

 


日足では、ローソク足は雲の下で推移しており、遅行線は雲の中でローソク足と絡み合ってる状況です。

ローソク足が雲を下抜けてきてるので、レンジの下限に向かう可能性が高いとみてます。

遅行線が雲を一気に下抜けるような勢いも感じないので、レンジの下限まで行った場合は、一旦反発するとみてます。

かといって、遅行線が上に行くには雲とローソク足と200日移動平均線が抵抗帯として待っているので、上値は重いでしょう。

日足では、やや下目線とみています。

では、もう少し細かい部分を4時間足で探ってみましょう。

 

4時間足でのローソク足は雲を下抜けて、遅行線も雲とローソク足を下に抜けてきました。

スーパー三役好転の発生です。

この形になると一気に下落することも考えられます。

もたもたしてればまたもみ合いになりますが、このままレンジ下限に向かう可能性も高いとみてます。

では、ここまでを踏まえて、ドル円のレンジの値幅を予想してみます。

上昇した場合の高値の目安は、日足の基準線と200日移動平均線が重なる108.00円あたり。

仮にそこを上抜けた場合は、週足200日移動平均線の109.140あたりとなります。

下落した場合の安値の目安は、日足直近安値の106.00円あたりまで下がるかと予想します。

動きが極端に少ないので、先週と同じレンジ幅になりました。

しばらくは様子見でしょうかね。

ということで、一目均衡表を使った今週のドル円予想は以上となります。

 

PS.

なお、金融経済の状況により予想の風向きが変わる可能性があります。

なので、常にニュースや相場を監視しておくことが重要となります。

また、この動画は、あくまでも一目均衡表から推測できる個人の予想であり、投資を助言するものではありません。

動画の解説によって損失が出た場合は責任を負えませんので、ご了承くださいませ。

一目マフィア
一目マフィア

では、レッツ!トレード!

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント