一目均衡表を用いた来週のドル円予想!2020年7月13日~7月17日

ドル円予想

一目マフィア
一目マフィア

どーも、一目マフィアです。

この動画では、一目均衡表を用いてドル円の値動きを予想していきます。

一目均衡表に興味があるけど使い方がよくわからない方や、来週のドル円がどういう値動きをするのか知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

では、さっそく見ていきましょう。

先週のドル円の値動きは、予想通り小さいもみ合いのレンジを少し下方向に推移しました。

今種はどのように動くのでしょうか?

まずは、週足チャートからみていきましょう。


ドル円の週足チャートを見ると、ローソク足は雲の下、遅行線もローソク足と雲の下で推移しています。

今週のローソク足は陰線で終えています。

週足を見る限り、小さいもみ合いが続いている状態で、ほぼ動きのない眠たくなるような状態です。

遅行線が上に行くには、雲とローソク足と200日移動平均線を超えていかなければならず、抵抗はかなり強いです。

なので、一目均衡表的には、上に行くよりも下に行く方が簡単に見えます。

では次に日足を見てみます。

日足では、ローソク足は雲の下にあり、遅行線はローソク足よりも下にあるものの、雲の中で推移しています。

ローソク足が雲を下抜けてきたので、レンジ下限に向かう可能性が高いですが、安値レンジ下限で一旦反発するとみてます。

ただし遅行線が雲を下抜ければレンジ下限を抜けてくる可能性もあります。

反対に遅行線が上に行くには、雲とローソク足と200日移動平均線が抵抗帯として待っているので、上値は重いでしょう。

日足をみても、上に行くよりも下に行く方が簡単に見えます。

では、細かい部分を4時間足で探ってみましょう。

4時間足でのローソク足は雲を下抜けて、遅行線もローソク足と雲の下に抜けてきました。

これは、スーパー三役好転の発生です。

一気に下落することも考えられますし、調整で戻りが入ったとしても、このままレンジ下限に向かう可能性が高いといえます。

ここまでを踏まえて、ドル円のレンジの値幅を予想してみます。

上昇した場合の高値の目安は、日足の基準線と200日移動平均線が重なる108.160円あたり。

仮にそこを上抜けた場合は、週足200日移動平均線の109.140あたりとなります。

下落した場合の安値の目安は、日足直近安値の106.00円あたりまで下がるかと予想します。

仮にそこを下抜けた場合は、週足の過去に安値が集まる105.500円付近まで下がる可能性もあるでしょう。

ということで、一目均衡表を使った今週のドル円予想は以上となります。

 

PS.

なお、金融経済の状況により予想の風向きが変わる可能性があります。

なので、常にニュースや相場を監視しておくことが重要となります。

また、この動画は、あくまでも一目均衡表から推測できる個人の予想であり、投資を助言するものではありません。

動画の解説によって損失が出た場合は責任を負えませんので、ご了承くださいませ。

では、レッツ!トレード!

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント