一目均衡表でビットコインを予想!2020年6月23日

ビットコイン予想

一目マフィア
一目マフィア

どーも、一目マフィアです。

この動画では、わたくし一目マフィアが一目均衡表を用いたビットコインの値動き予想をお届けします。

一目均衡表に興味があるけど使い方がよくわからない方や、今後ビットコインがどういう値動きをするのか知りたい方は、ぜひ最後までご覧くださいませ。

では、さっそくみていきましょう。

(注)動画では4時間足のローソク足は雲より下と言ってますが、間違いで雲より上で推移しています<(_ _)>

 

今日の日付は2020年の6月23日月曜日。

ビットコインの現在の状況と今後の値動きについて解説していきます。

まずは、週足チャートからみていきましょう。

 

現在週足のローソク足は雲より上で推移しています。

遅行線はローソク足と雲よりも上で推移しているので、一目均衡表的には上昇する条件が整っている状態です。

週足を全体で見ると、大きなレンジの中での上昇中で、直近の高値を上抜けてくるかどうかという所ですね。

では次に日足を見てみます。

 

日足でのローソク足は雲より上にあり、遅行線は雲よりも上で推移しているもののローソク足と絡んでいる状況。

ローソク足はもみ合いが続いていますが、徐々に雲に近づいてきてることから、どちらかに大きく動きやすくなってきています。

レンジの上限を超えればググっと上昇しそうですが、どうでしょう。

その辺りの細かい部分は4時間足で探ってみましょう。

 

4時間足でのローソク足は雲よりも上で推移しています。

遅行線と雲の距離はそんなに遠くないので、上に伸びた場合はすんなり抜ける形ではあります。

いずれ遅行線が雲より上に出た場合は本格的な上昇トレンド入りとなりますがどうでしょうか。

上昇した場合の高値の目安は、日足直近高値の10381ドルあたり。

下落した場合の安値の目安は、4時間足直近安値の9200ドルあたりでしょうか。

ということで、一目均衡表を使ったビットコインの予想は以上です。

 

あくまでも一目均衡表から推測できる予想なので、万が一この動画の解説によって損失が出た場合は責任は負えませんので、ご了承くださいませ。

一目マフィア
一目マフィア

では、レッツ!トレード!

コメント